読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと水草をやってみます

もうすっかり春ですね。ヒーターの稼働率も低くなりちょっとだけ電気代が楽になる時期ですね。

さて、今日は前から計画していた水草水槽について書いていきたいと思います。 ソイルを厚く敷いた水槽でアピストを飼育するにはいろいろとリスクが伴うと思うのですが、先輩方のビエジタやマックの発色が違うという話を聞いているとどうしてもやってみたくなりますよね。もちろんただソイルと水草を入れただけの即席水槽では効果も得られないと思うので、時間をかけて良い環境を作り上げなければなりません。

水草のトリミングや抜き差しを頻繁に繰り返すとお魚が病気になるリスクが高い様に感じるので、しっかりと根を張り頻繁なトリミングを必要とせずに長期維持のできる水草をアクアセノーテさんでチョイスしてもらうことに。アクアセノーテさんでは何本もの水草水槽で素晴らしい発色のビエジタがたくさん泳いでいますので、実践している本人にアドバイスを求めるのが一番ですよね。

今回は半年前に立ち上げた30Cを水草水槽に転換することに。低床はApSandだったのでホースで吸い出し、水は抜かずに数日間かけて少しずつソイルを足しソイルの要領で入れていき、その後数日間かけてスポンジフィルターから外部フィルターに移行しました。

f:id:abot108:20160429173411j:image

緑が加わりAPAPの最上段が明るくなりました。ちょっと不安でしたが、トラブルなく濾過も移行できたようでお魚は元気です。

f:id:abot108:20160429174313j:image

後景にはアマゾンソード、水中化を待たずして持ってきてしまったので先ずは水中化を目指します。

f:id:abot108:20160429174557j:image

せっかくなので長いことウチにあるナナプチも巻き直しました。ずっとあるのにキレイです。

f:id:abot108:20160429182141j:image

知らないうちにオトシンが面倒を見てくれているのでしょう。

f:id:abot108:20160429174806j:image

そしてトニナ。ネグロジャイアントという種のようです。せっかくトニナを植えたので綺麗に育てたいと思います。

f:id:abot108:20160429175425j:image

トニナを育てるならCO2があったほうが良いですよね?実は以前に水草をいじってたこともあるので持ってるんです!CO2セットを引っ張り出してきました。

何か赤いワンポイントでもあるともう少し見た目が良いのかな?と思いますが目指すは見た目の良さよりお魚に良い環境です。さて、Vlllとマックに何か変化は起きるでしょうか?白いVlllは何をやっても白いままかな?(汗)


いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村