読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凶暴なお魚にワクワク

パパゲイ

凶暴だと噂のアピスト。かなり手強く、初めてなら♂♀別々の水槽でスタートするかデカイ水槽に入れるのが良いとのこと。どれ程ヤバいのか・・・この目で確かめなければ!と思っていたのですが、入荷した週は音羽に行く時間がつくれず(泣)。売切れたら諦めようと思っていたらやはりSOLD OUT・・・しかし!まだあいつが買いに来ていない、と店主様が思ったかどうかはわかりませんが、次の金曜日に少しだけ補充してくれたようです・・・ひと目見てハッとしてしまいデスモさんの解説を聞きながら暫く眺めてしまいました。

途中レガニ系の凶暴そうなお魚に目を移してみるも、やはり派手で凶暴なあのお魚が気になります。連れて帰るなら水槽が2つ必要です。どうすれば良いのか考えました。 水槽は2つ空いていません。準備している低pHの水槽に水道水を入れるのは避けたい・・・こういう場合は無理をせずに諦めたら良いのです。途中アピストグラマジャポニカ BLOGのMALさんと初めましての挨拶をさせていただきました。MALさんからもこのお魚を30Cでいきなりペア飼育を始めるのは無謀とのご意見・・・それで上手くいったという記憶が無いそうです。

どれだけヤバいの?!好奇心は膨らむばかりです。諦めが悪い性格なので、水槽の少ない私に何か救済策が無いか再度店主様に確認。30Cに持ってるお魚を全部入れたら大丈夫だと・・・なるほど、標的の数が多ければ良いのか。ウチの水槽事情を良くご存知の梨乃のパパさんもアレとアレとコレを一緒にしたら?などアドバイスをくれました。なんだか希望の光が!

f:id:abot108:20150919095902j:image

いろいろとありましたが、我が家にもやって来ました“パパゲイ/Rio アムピヤク”。

f:id:abot108:20150919095925j:image

f:id:abot108:20150919100026j:image

お魚の数が多いければ多いほど良いといってもさすがに全部は無理だろうと思い、バエンスヒのペアと独り身のアルパフアヨの♀、それにトーマシーを4匹かき集めました。とりあえずは混み合っています。

f:id:abot108:20150919095943j:image

サイズの違いがあり、今はバエンスヒが一番強いようですがあまり荒れるタイプではないようで、ブラインタイム以外は何となく平和が保たれているようです。

後はこの状況からいつペア飼育に移行していくか、まぁバエンスヒのペアを抜いたら状況が一変するかもしれませんので、しっかりタイミングを見計らってチャレンジしたいと思います。トーマシーは抜けないでしょうね。

飼い方次第ではド派手に変身するようなので楽しみにしたいと思います。


いつも応援ありがとうございます。 

    にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
     にほんブログ村