密かに迎えていた地味なヤツ。ホングスロイ。

毎日暑い日が続くようになりましたね。アナログの水温計がどれだけ正確かはわかりませんが、朝起きると30℃を指しているようになりました(汗)同じ部屋でよく寝れているので実際の水温は30℃以下なのだと思いますが、注意が必要ですね。ブラインを与えてから夜中〜朝まで、家族が寝静まってクーラーが全く稼働していないこの時間帯、アンモニアが増加してバクテリアが一番活発な時間帯に高温というのが危ない(汗)昨晩からブラインは少なめを心がけています。

f:id:abot108:20170714081542j:image

今年は園芸マットで自作した夏用の蓋はやめて、塩ビのパンチングプレートの蓋にしました。見た目もスッキリしてるし、満足です。

さて、アクア◯ノー◯にVのラッシュが訪れた頃、sp. Schwarzkehl .varに注目が集まる中ひっそりと入荷したホングスロイ/プエルトガイタン。けっこう小さいのが2ペア。少しだけ大きいほうのペアを連れ帰りました。sp. Schwarzkehl .verに手が出なかったのもありますが、前から興味があったので私はホングスロイにいきました。ぱっと見はあのハマ〜みたいにはならないだろうと思っていますが、成長を見守りたいと思います。

f:id:abot108:20170714085701j:image

なんだか思っていたより地味?白いホング?と思っていましたが、まだ小さいのでこれからでしょう!

f:id:abot108:20170714085717j:image

今だに地味なのは、♀のほうが少しだけ大きく、スゴく気が荒いので、毎日ビクビクして過ごしていたせいでしょう。

f:id:abot108:20170714085728j:image

気が荒いよ、と言われたパパゲイとかとは比べ物にならないくらい荒い(汗)初の経験でしたね。しばらく♀を隔離したりしたんですが・・・1週間程度じゃあ立場は逆転せず・・・

f:id:abot108:20170714085752j:image

♀には昨晩からまたシングルルームに入ってもらいました。

f:id:abot108:20170714085826j:image

ホングスロイというと、尾筒の赤が印象強いんですが、ウチのはまだ鏡に興奮した時にしか出ません。でもなんだか良い感じになりそお?

f:id:abot108:20170714085907j:image

こちらは前述の♀。とにかく気が荒い・・・蓋がしっかり閉まってるのにジャンプして出ようとしてるくらいですから(汗)新たに導入したこの隔離ボックスなら2週間や3週間大丈夫な気がします。この時期、餌の量が少なくなりますが、♂にしっかり大きくなってもらってから一緒にします。

 

いつもポチッと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

スターの入荷が続いたので隠していました!やっと出番です。ビエジタIII

今日は今まで導入から一度も紹介していない秘蔵っ子?というわけではないんですが、あまりのコロンビアラッシュで今これじゃないよな~と思い自粛していたネタです!

最近のコロンビアラッシュの中でもやはり衝撃的だったのは池袋のエサ屋の聖地?あまりにホームランを連発するので今はだれもこう呼ばない?アクア〇ノーテさんにビエジタが数回にわたり数種来たことでしょうか。その前からちょっと変わったマックが来たり、さすがです。

2013タイプ、II、sp. Schwarzkehl/sp. D25で盛り上がっている中ですよ?まさか良いでしょ~このVIII!とはなかなか記事にできず・・・昨晩が初撮影でございます。

f:id:abot108:20170629173357j:image

VはIIIしか飼育したことがありません。この色の無さが結構好きなんです。青っぽいIIIなんかも良いですよね。

f:id:abot108:20170629173420j:image

このIIIや過去に飼育していたIIIを思い出すとsp. Schwarzkehl/sp. D25っていうのはホント凄いのが来ちゃったなって感じです。デスモ博士は2.5といっていますが、鰭に色のあるIIIというのはちょっと違うなという感じです。

f:id:abot108:20170629173457j:image

こいつもチョットだけ色付いてますけどね(笑)Vの詳しい解説はデスモ博士のブログへGO!

f:id:abot108:20170629173606j:image

最初にIIIが欲しいと思った時にアピ友の皆さんが迷わず「VIIIはセ〇ーテ」と言っていました(笑)その時はあまり意味を理解せずIIIが入ったらよろしくお願いします!なんて言っていましたが、今はコロンビアならセ〇ーテという意味が理解できてきました。

f:id:abot108:20170629173636j:image

最近もIIIが入ったみたいなんで見に行ってみたいと思います。IIIもいつも違う感じのタイプが来るので楽しみの一つです。

 

いつもポチッと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

今ならまだセーフ?本命じゃあないが、久しぶりの浮上

今年も東京は梅雨らしい梅雨ではなく、ジメジメしているだけで雨は少なそうですね。一度はもう夏?というくらい暑い日が続き室温も高くなりましたが、まだしばらく安心していられそうです。梅雨が明けたらきっと夏用のフタ2017の出番ですね。

さて、いろいろとバタバタしておりまして、なかなか夜中にカメラを構える気にならず、ちょいと久しぶりの更新になりましたが、いろいろとハプニングはあり、毎晩楽しい夜の生活を送っております。水槽の前で寝落ちしていることも多く(笑)どれだけ深く観察できているかはわかりませんが、少なくとも鑑賞は毎日続けております!

前回の記事で浮上予定だったブライトビンデンは予定通り浮上はしたんですが、翌日には激減しまして、その翌日には数匹に(汗)さらに保護していた♂が★になるというショッキングな結果に・・・(涙)まぁ、何事も経験です。毎回そうですが、犠牲になったお魚に感謝し、涙をこらえ、この反省を次に活かします!

ビンデンをあきらめた翌日にメガプテラが産卵したんですが、こちらは浮上前に数がだいふ減ったので換水。その後ピッタリ2週間後に産卵し、めでたく浮上しております。ちなみにこの♀、ウチのはしばらく前に♂に殺られてしまいまして、2代目。セノーテの店長に、ちょっと変わった所から来たメガプテラ、2ペアのみ!と言われて一緒に飛びついた梨乃のパパさんのご好意でウチにやって来ました。梨乃のパパさんありがとうございます!

f:id:abot108:20170627125804j:image

たぶん今までで稚魚の数は1番多いと思います。ワラワラです。ただビンデンの件もあるんでね・・・このまま減らないと良いのですが(汗)

f:id:abot108:20170627130019j:image

今回は♂がちゃんと仕事をしてるみたいだし、♀もあまり嫌がっていない様だったので同居させてます。

次はそろそろどうにかならんのか?と観察を続けているこちらの本命、わが家の最重要案件。まだ少し涼しいとは言っても、あまり暑くなってから産んだんじゃあ管理が難しくなるじゃない・・・

f:id:abot108:20170627134642j:image

良い感じだと思うんですけどね。日本に2匹しか♀がいない?なんて言われてプレッシャー(汗)

f:id:abot108:20170627135031j:image

やっぱり背鰭と尾鰭のこの色!こんなFが何匹も同じ水槽で泳いでるのは楽しそうですね。まぁ、そのうち産むだろう、という軽い気持ちで見守りたいと思います。

他のお魚はどしたの?と言われそうなので、ちゃんと写真を撮らねば!  

 

いつもポチッと応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

夏前に課題は一つクリア?残すは最重要案件のみ

もうすっかり朝の通勤も暑くて辛くなってきましたね。6月からは世間的にも半袖解禁?だと思うので早速明日から半袖で通勤してみたいと思います。それにしてもこの時期に30℃って・・・この先どうなってしまうんでしょうね?今年は早めにブラインのヒーターを外し、室温でやってます。夏用に水槽の蓋も届いているので近々交換したいと思います。今年は手作りではなく業者に注文しました。別の機会に夏対策2017を紹介したいと思います。

さて、我が家は水槽の数が限られているので、あちこちで産卵されても困る状況です。しかしやはりFを取りたい種というのがいて、日々産まないかなぁと祈りながら観察しています(笑)。水槽がある部屋はクーラー完備ではないので、猛暑が訪れる前に産卵し浮上してくれないと厳しいのがわかっているので、もうそろそろデッドラインが迫っている状況ですね。重要案件は2種。ブライトビンデンと赤い尾鰭のペルソナ―タです。

そんな状況の中、まずはブライトビンデンが産みました。このブライトビンデンはいろいろとありまして、♂は追加補充しました。やはり油断は禁物ですね。ある日、いつものように点呼を取っていると♂がいない・・・いくら探してもいないのです。仮に★になったとしても、FFが入っているわけじゃあないので一晩で死骸が処理されるなんてことはあるはずがないのに♂が忽然と消えたのです。隙間という隙間は無かったはずなのに飛び出したということなんでしょう。たしかにヒーター線とエアチューブが水槽内に入っていますので、隙間があると言えばありますが「そっから出る??」というくらいの隙間です。でもそれ以外考えられないので飛び出したんだと思います(涙)産卵して食べちゃってから数日後だったのでまだ♀が攻撃的だったのでしょう・・・反省ですね。

どうしたものかと悩んでいると梨乃のパパさんから「まだ世田谷のプレコ屋にいたよ~、しかも♂だけ〜」という情報が!ありがとうございました!

f:id:abot108:20170531152424j:image

いきなりこの写真で申し訳ないんですが、♂を連れて来て10日くらいでの産卵でした。前回の産卵から1週間とちょっと単独飼育だったのと♂を隔離ボックスで待機させじっくりと♀を焦らしてから一緒にしたりしたので、諸々のタイミングが良かったのかもしれません。

f:id:abot108:20170531152511j:image

♂はちょっと尾鰭をやられてしまいましたが、早々に救出に成功。毎度のことながら♀の豹変ぶりには驚かされます。

f:id:abot108:20170531152445j:image

あまりきちんと確認はしなかったのですが、卵は40程度だったと思います。この孵化翌日の写真に写っているだけでも30近くいるので奥に隠れているのを数えるとだいたい35〜40くらいだと思います。

ここまで来たら夏前までの課題は一つクリアしたと言いたいところですが、もしこのまま無事に浮上しても手放しで安心できないのがアピスト。この機を逃すとまた秋までおあずけなので、このまま順調に育ってほしいものです。

残すは最重要案件の赤い尾鰭のペルソナ―タです。

 

いつもポチッと応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

なんだか偉そうな番号がついちゃった?sp. D39

今日は恵みの雨ですね。毎年の水不足、今年は心配しないで夏を過ごせると良いですね!大きな水草水槽のように頻繁に大量の換水をするわけではないですが、やはり世間が水不足で騒いでいる最中にじゃぶじゃぶと水を使うのは少しだけ気が引けますからね。

さて、わが家のcf.ペルソナータですが、デスモ博士のブログに衝撃の事実が!運良くペアで入手できたア◯アセ◯ーテにやって来た不思議なcf.ペルソナータが実はsp. D39ではないか、とのこと。西の◯◯さんもそう言っているのであれば確かな情報でしょう!

f:id:abot108:20170513151545j:image

以前に短いスパンでしたが数ペア飼育してみたcf. ペルソナータとはぜんぜん違うな〜とずっと思っていました。尾ひれがどんどん赤くなっちゃうし(汗)

f:id:abot108:20170513151637j:image

梨乃のパパさんのところの♂の尾ひれがスゴく赤かったのでpHを確認するとスゴく低めとのことだったので、わが家も徐々に下げてみて今は4点前半をキープするようにしています。

f:id:abot108:20170513152042j:image

でも水が濃すぎると病気になるのは他のcf. ペルソナータと同じでしょうからpHをキープしつつ週一程度のちょっとだけ換水は続けています。

f:id:abot108:20170513152055j:image

このD39は国内に♀が少ないようなのでプレッシャーです。近々たくさん入って来ればプレッシャーから解放されるのですが・・・いやっ!夏前にFを取って自らの手でプレッシャーから解放されよう!

f:id:abot108:20170513152158j:image

顔も違うし、黄色っぽくなるし、腹ビレに黒が入ってるのも確認してるし、♀のハズなんですが産みません(汗)水換え過ぎ??

f:id:abot108:20170513152217j:image

とにかく、sp. D39だとしても、また違うタイプだとしても、Fを取りたいですね。以前に飼育していたcf. ペルソナータからも12匹しか取れていないので(汗)夏前までに最重要課題として取り組みます!

 

いつもポチッと応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

今シーズンはもう打ち止めですね。シーズン最後に連れてきたアルパフアヨのその後。

GWが明けたらもう夏はすぐそこですね!私はGWの前半が出勤だったので、土日を含め4連休。最長で9連休?なんて人もいたようですが、9連休しちゃうと職場復帰が辛そうですね〜、私は難なく通常運転に戻れました。とにかく東京はGW明け初日からこの暑さ(汗)夏はすぐそこなので2017版クーラー無しの暑さ対策も大急ぎで準備中です!

さて、わが家のアピストですが、最近産卵しそうな気配を感じるペアもいたりするのですが、平和な毎日です。シーズンも終わりかな?と思っていましたが、来ますね〜、恐るべしコロンビア(汗)私は前の記事でお伝えしたアルパフアヨをお迎えしてシーズンを終えつもりですが、このまま終わるかな?

f:id:abot108:20170508140128j:image

そんなシーズン最後にお迎えしたアルパフアヨですが、なかなかの姿になってきました。体色はだいぶ鮮やかになってきたようですが、まだまだ肩口の朱色がどうにかなるのでは?と思っているのですが、どうでしょう。

f:id:abot108:20170508140149j:image

本気を出した時の尾鰭の模様も良い感じに。

f:id:abot108:20170508140216j:image

f:id:abot108:20170508140225j:image

この個体はセノーテに来た時からほぼ仕上がっていたのですが、もしFが取れたらやはり小さい頃から優秀な個体が出て来るのでしょうか。

f:id:abot108:20170508140251j:image

アクアセノ◯テには青が強いいわゆる青ユルと一緒に来ていました。店主の説明によると、普段は青と黄色は一緒に来ないようです。う〜ん、採れる場所が別と思っていたが、今回は一緒に来た、ということは、青と黄色は実は同じ場所にいる?個体差的な色違いなの?そんなわけない?アクアセノ◯テの店主はウチのペアから青と黄色が両方出るんじゃない?と興味があるようですが、水槽が足りない・・・私も興味ありますけどね〜。

f:id:abot108:20170508140332j:image

とにかくこの背鰭の高さと腹ビレの長さ、たまりません!仔取りにトライするかしないかは別として、大事にしたいと思います。

 

皆さんのポチッとが更新の励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

シーズン終盤にやってきた懐かしのアルパフアヨ

もう桜も見頃を過ぎ、すっかり春の陽気ですね!この春から二年生になった息子が少年野球を始めて毎週末練習!週末は大忙しです(汗)でも小さい頃からチームプレーを学んでもらいたいので、頑張ってもらいたい!

さて、お魚ですが、産卵はないものの★になることもなく元気にしています。ブライトビンデン、cf. ペルソナータ、Fを取りたいな〜と思っていますが、こればかりは我慢ですね。

そんな中、アクア◯ノーテさんのブログに新入荷情報があり、直ぐに向かいました。ペルーのユルエンシス、アルパフアヨはアピストを飼育し始めてから早い段階に飼育して飛び出しで★にしてしまったという悔しい経験があったので、いつか!と密かに待っていたアピストだったのです。

f:id:abot108:20170422071618j:image

虎ユルと言われる黄色いタイプをチョイス。他に青いのと同じく黄色いのがいましたが、一目でこの個体に決めました。

f:id:abot108:20170422142218j:image

以前うちにいたのよりサイズは小さいのにすでに完成度が違う・・・セ◯ーテの店主が気合いを入れて写真を撮ってしまうのも分かります。残りの2ペアもかなりレベルが高かったので直ぐに売れてしまったのでは?◯ノーテの店主がブログに自信有り気に写真を出す時は要チェックですね!

f:id:abot108:20170422142855j:image

今まで撮れそうで撮れなかったペッペシーンが撮れました!今はMr.デスモの影響で写真をもう少しどうにかするべく、フラッシュが欲しくて欲しくてヤバイ(汗)マクロレンズだのフラッシュだのと・・・すでに子供の為のカメラとは言えないレベル?

f:id:abot108:20170422143230j:image

まだミラーに慣れていないのか、こっちを向いてグワッとフィンスプしてくれません(涙)口のまわりと肩口に薄っすらと浮かぶ赤というか朱色。今後どうなっていくのかな?この魚、腹びれがスゲェかっこいいと思います。

f:id:abot108:20170422143559j:image

正面から見るとマヌケですけどね。まぁ、ほとんどのアピストが正面からみるとマヌケ面ですよね。

これからもっともっと背びれバッサバッサの姿になるのを楽しみにしています。

 

いつもポチっと応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村