Dナンバーも付いていないし・・・もう誰も憶えてない?プトマヨのカカト

さあ!待ちに待った春到来です!しばらくするとまた暑い夏に悩まされるのですが(汗)しばらくは過ごしやすい季節がやってきましたね!花粉症の皆さまには申し訳ありませんが、春です。

さて、ラッシュに沸いたDシリーズ、いろいろ来たので私なんかはどれがDの何番だっけ?という状態(汗)次から次へと新しいのがくるので、忘れ去られる寸前のDも出て来ているとかいないとか?でも今日はそんなDナンバーが付いたお魚の話ではなく、Dブームの中で目立たず入荷した、Dに興味が強い皆さまには既に忘れ去られている(涙)お魚のその後です。

以前にも記事にしていますが、プトマヨから来たというカカト。カカトではない?という見解もあるようですが、まぁ、ただのカカトではないと思いつつも、とりあえずはカカトで。

f:id:abot108:20180314080508j:image

導入当初よりも背鰭が立派になり、腹鰭には黄色い靴下が目立つようになってきました。体型は予想していたよりコロッとしてきましたね。

f:id:abot108:20180313230709j:image

未だどの辺りのpHが良いのか探っています。あまり低くない方が良いのだろうと思っているのですが、換水をサボって少し低めになっていても調子が悪い感じはしません。

f:id:abot108:20180314082155j:image

今が一番良い状態?と思ったりするのですが、♀の反応がイマイチ。

f:id:abot108:20180314082334j:image

♂はホント良い感じなんですけどね。

f:id:abot108:20180314094925j:image

♀が良い感じになって、産卵から浮上まで至ったとしても水槽が空いていないのできちんと育ててあげられるかはわかりませんが・・・(汗)ペアが産卵し、稚魚が浮上するということは、迷走しながらもそういうコンディションにまで持って行けた、という一応の結果が出せたということなので、やはりチャレンジは続けたいですね。

話は変わりますが、音羽から連れてきたミツはまだスリムな体系を保っています。

f:id:abot108:20180314095313j:image

このタイプは初飼育かな?と思っていますが、これくらいのサイズから体高が出てくるような気も(汗)します。今後の成長をまたお伝えできればと思います。

 

皆さんのポチっとが更新の励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

Fをここまで育てたのは初。cf. ペルソナータ

だいぶ更新をサボってる間に春の陽気に変わろうとしてますね。また寒気が来る?なんて言っていますが、このまま過ごしやすい春に向かって欲しいですね。

さて、最近はなんとなく仕事が立て込んでいて・・・水槽に手を突っ込んでガラスをキレイにして撮影! という気になれず、ガラスのコケは無視して給餌と観察だけの日々が続いていました。少し前にはパウキの♀がちょっと痒がる素振りを見せていたのでpHを測ってみると3点に突入している水槽が数本!(汗)換水して事なきを得ていますが、やはり仕事でバタバタすると管理がおろそかになりがちでダメですね(汗)しかし!昨夜は少しやる気が出たのでガラスをキレイにしてお魚を撮影してみたした!

f:id:abot108:20180306192306j:image

昨晩撮影したのはcf.ペルソナータのF1。10数匹しか残らなかったのですが、ペアが取れました。No.1の♂は残念ながら成長過程で★に・・・

f:id:abot108:20180306192410j:image

この個体はNo.2だったのですが、意外と立派に育ってきているのではないかと自己満足しています。ブラインオンリーなので成長に時間がかかっていますが、なかなかの体系を維持出来てるのではないでしょうか。

f:id:abot108:20180306192550j:image

ジュルエメのFを一生懸命育てていたこともありましたが、このFが一番長く飼育出来ていて、大きく成長させることが出来ているのではないかと思います。

f:id:abot108:20180306192452j:image

これは音羽から連れてきたWildです。Wildと比べると・・・(汗)でもまぁ、良いではないか!というプラス思考でこれからも頑張ります!

f:id:abot108:20180306192527j:image

これまでは水槽の事情でFを大きくする前にアテにしてしまったり、会社の水槽にポッチャンしてしまったりして残すことが出来ていませんしたから、今回ここまで育てることが出来たのはとにかく嬉しいことです。

現在は別のcf.ペルソナータ、パウキ、エリザベのFがいるので、それぞれからエースを選別してきれいなFを育てる方向にも楽しみを見出してみたいですね。 

 

いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

Ap. ミツ?cf. ペルソナータ?じゃあAp. ペルソナータは?

今日は朝早く新幹線に乗り、新潟方面へ。新潟方面といっても、あの水草レイアウトの聖地に行くわけではなく、ただの日帰り出張です。いつか機会があれば目の保養にもなりそうなので、あのギャラリーにも行ってみても良いかなと思ってます。

f:id:abot108:20180207093204j:image

それにしてもこの雪!なんてこった!

さて、私はcf. ペルソナータというのが好きで、これまでに何ペアか飼育して来ました。とにかく来たら欲しい!みたいな待ちの気持ちもありました。何で?と聞かれたこともありますが、やはり最初に失敗をしているので、思い入れがあったということなんだと思います。最初に池袋でcf.ペルソナータを導入した当時の私にとっては、水槽もまだ未熟で飼育レベルが高く、悩んだ末に意を決して導入したのでした。結果、背伸びをしたので上手くいかず・・・直ぐに♂を★にしてしまいました。店主が大事に育てていた♂を譲って貰ったにもかかわらず、今度は♀が★でまたダメ・・・反省もせずに悔しさのあまり再チャレンジするべくcf.ペルソナータを探して遠方まで旅に出て、行ったこともない店で安くもない魚をトリオで買ってきてしまったりと・・・初めて病気?と思った瞬間でもありました(笑)その後も数ペア飼育し、少数ですが仔が取れたりもしました。まぁ、良い経験だったと思います。

ところでこのcf.ペルソナータ、ミツとも呼ばれていますが、ミツとペルソナータは何が違うの?リアルミツとは?リアルペルソナータとは?ミツで採れたのがミツ?でミツじゃないところで採れたのがcf.ペルソナータ?良くわかりませんね。

先日音羽に来たペルソナータは敢えてAp.ミツと呼ばれていました。D39似とも紹介されていました。

f:id:abot108:20180206233115j:image

これです。う〜ん・・・確かにD39似か?でもD39とは別物ですね。少し細身の様な気もするが、ただ小さいだけじゃ?(汗)

f:id:abot108:20180207124350j:image

D39

f:id:abot108:20180206234746j:image

今回音羽から来たのは背鰭にも尾鰭にも赤の気配無いですもんね。でも飼ってみないと違いがわからないので、とにかく大きくなるまで飼ってみます。

だいぶ前の音羽のNEWSにはIcanaのcf.ペルソナータが紹介されてたんですが、思い描くcf.ペルソナータと全然違う(汗)アレをそう呼ぶならヴァウペス中流から来るのはミツとなるのでしょう。でもまぁデスモ博士に少し訊いてみたみたところ、リアルペルソナータ、A.personataの生息地はRio Uaupesということ(記載地もそのようです)なので、それ以外はとりあえずcf.ペルソナータと呼んでおけば良さそうです。

f:id:abot108:20180206234123j:image

これは仔育て中のcf.ペルソナータ。世田谷のプレコショップから来たやつです。来た時から黄色が強い個体でした。さて、Fも黄色いのか?

f:id:abot108:20180206234443j:image

これは昨年取れた今は亡き親からのFです。

f:id:abot108:20180206234515j:image

それぞれ違うタイプなんだと思っています。cf.ペルソナータは良いのですが、すべてをミツと呼んで良いのかは謎です。すべてがミツ周辺で採れているのかが重要ですが、採った人にしかわからない(汗)D39はミツじゃないし。

最近ではD39の出現もありました。ブラジルのcf.ペルソナータとはちょっと違う、体高のあるcf.ペルソナータはまだまだ沢山タイプが居るのかもしれませんね。熱いぜ、Rio Vaupes!

 

皆さまのポチッとが更新の励みになります。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

稚魚水槽が3本に・・・とりあえず打ち止め〜

最強寒波で水槽のヒーターはフル稼働、電気代がどうなってるかいるのか・・・少し心配ですね。エアコン管理の皆さんも、APAP台下段は心配ですね。都心の雪はほぼ消えましたが、まだまだ寒さは続きそうです。春が待ち遠しいですね!

さて、一カ月前の記事で浮上の報告をしたエリザベですが、順調に育っています。我慢の限界だったガラス面の掃除も済ませ、気持ちよく水槽を覗きこんでいます。

f:id:abot108:20180129205236j:image

実はこの記事は下書きを始めてから既に2週間・・・エリザベに続きペルソナータもパウキも無事に浮上しています。ペルソナータは産卵後からペアの雰囲気が良かったので♂同居でやっていますが、もうしばらくしたら♂は別水槽に引っ越してもらう予定です。

f:id:abot108:20180129171006j:image

30ちょっとなので30Cだとちょうど良い数ですかね。下書きを始めたのが2週間前で、写真も2週間前のなので、現在稚魚はもう少し育っています。

f:id:abot108:20180129205305j:image

現在の写真はこちら。もうバラけて泳いでいるので、ワラっとした写真じゃなくてすいません。なんとなくサイズ感が伝わればと思います。

新たな稚魚が産まれたのは良いのですが、昨晩育成中のペルソナータFの大事な♀にニキビを発見(涙)・・・もう1ペア残っているのですが、きちんと大きくするまで育てるにはまだ技量が足りないようです・・・この30匹の稚魚で再チャレンジできるようにそこそこ♀がいることを願い毎晩観察することにします。

パウキはもっと苦労するだろうと思っていたのですが、何となく上手くいってしまった感じ・・・これってどうなのかな~という感じですが、せっかくなので残そうと思っています。

f:id:abot108:20180129171228j:image

f:id:abot108:20180129171250j:image

2週間前はこんな感じでしたが・・・

f:id:abot108:20180129205328j:image

今は立派なキイロになりました。

f:id:abot108:20180129220537j:image

パウキは♀が凄く強い印象でした。♂がやばそうだったので助けてあげました。

f:id:abot108:20180129220604j:image

まだまだこれからという時期なので鰭ボロにされたくなかったので早めの判断、早めの救出でした。

もう水槽が満室!というこのタイミング・・・ここ数日急にプトゥマヨのカカトが産んじゃうの??という感じになってきてしまいました(汗)長いこと産卵を待っていたのですが、今はちょっと・・・(汗)水槽が足りません・・・(涙)でも変わってるから残したいですね~、悩みますね~。

トリファの水槽はpHを維持するのが大変になってきて♀がちょっと痩せ気味で可愛そうなので、とりあえずpH高めの会社水槽に移して一本確保してみようと思います。

 

いつもポチッと応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

密かに導入していたネグロのお魚。Ap. パウキスクアミス/サンタイザベル

皆さま、年末年始、忘年会から新年会と酒ばかり呑んでいまして・・・挨拶がおそくなりましたが、今年もよろしくお願いします。

さて、来ない来ないと言っていたネグロのお魚。意外に来ました(笑) 私の場合、アピストを飼育し始めてからその時が来たらネグロの低pHと念仏のようにブツブツ言いながらここまで来ました。ただそうは言ってもネグロの何が欲しいの?と聞かれるとイマイチ即答できないでいましたが、ミーハーなのでとりあえずエリザべのことを言ってたんでしょうね(笑)今シーズンも先ずはエリザベ、と思っていましたが、実はこのパウキはエリザべより少し先に導入したのでした。苦節3年?これまでは積極的に手を出せないでいましたが、やっとネグロの低pHも無理なく飼えるくらいにはなったのでは?という今シーズン、なかなかお魚に出会えない(涙)でいるとこのパウキの入荷情報。意外に苦労しそうな?気配もありましたが、今シーズンもネグロの低pHに手を出せずに終わるのか?という思いで即Anへ。

f:id:abot108:20180111142424j:image

普通のとA-class、通販の「極上」という謎の表現は半信半疑になりますが、AnのA-classは確かに普通より上物です。プチセール中?だったこともあり価格差は気にせずA-classをチョイス。

f:id:abot108:20180111142508j:image

導入から一月以上経っているのでそれなりに色が出てると思います。尾鰭はツインバーですね。背鰭バッサビヨ〜ンではないのですが、ゴツい奴らとくらべると動きが機敏で面白いです。

f:id:abot108:20180111142544j:image

音羽の店主様からは産卵はするけど残すのは簡単ではないみたい、と言われていました。どうやら好む水の範囲が狭いようです。何度失敗しても気にしなくていいくらいと言われましたが、とりあえず昨晩1回目の産卵をしたようです。

f:id:abot108:20180111142557j:image

まだキイロって感じではありませんが、確実に何かを守ってます。1回目なので、覗かず行動を観察してみます。

f:id:abot108:20180112082316j:image

だいぶ長いこと♂と競り合ってましたが、今のところ♀優勢のようです。

f:id:abot108:20180112082438j:image

まぁ、水槽の空きがないので、奇跡的に1回で成功しなくてOKというスタンスで観察したいと思います。

f:id:abot108:20180111142614j:image

とりあえず現時点では私が心待ちにしていたこちらがやっと産卵して浮上寸前なので、パウキには申し訳と思いながらも水槽事情でこちらが優先です。

f:id:abot108:20180111142625j:image

さて、無事に浮上するか?

 

今年もポチッと応援よろしくお願いします。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

来ないと思ってたら来るね〜(汗)でも私はメガプテラ。

もうあと数日で仕事納めです。毎年納会の前に事務所の大掃除をするのですが、昨晩は一足先に水槽をやりました。スペースの関係で46cmから30Cに変更して設置場所も移動しました。濾材なんかは外部から外掛けに移行するだけなのであまり気を使わないで良かったのですが、それでも水を抜いたり魚を掬ったり、水槽のリセットはなかなか疲れますね。

さて、ネグロのお魚の入荷がシブいからしょうがないが、ブライトビンデン来ないな〜な〜んて言っていましたが、そう言ってると来ますよね〜、今シーズンは水槽満室!というタイミングに来ます(汗)

池袋のエサ屋の聖地(この呼び名はもう古い?)並屋?でビンデン来たら欲しいんですけどね~来ませんね~なんて話していると、アピ友のハマちゃんがFに来てたよ?と・・・あれ?来たら電話するようにFの店長にお願いしていたハズだが?(怒)とも思いましたが、何ペアもいなかったみたいだったしその後連絡もなかったのでスルー。そんな私の気持ちを察したのか?セノ〇テのブログに極上のメガプテラが入荷したとの情報が。

f:id:abot108:20171226212214j:image

入荷して間もなかったので尾鰭が大きく欠損していましたが、これぞWILDという感じ。遠くからやって来るんですから、鰭くらいボロっていないとね!まあ、尾鰭が大きく欠損といっても回復するレベルだと思いデカいのをお願いしました。メガプテラとビンデンは別物ではありますが、どちらにしても超タイプです。背鰭の後ろのほうまでビヨーンとギザッたらな~なんて毎晩念力を送っていますが伸びるわけもなく?でも迫力あって好きです。

f:id:abot108:20171226212252j:image

f:id:abot108:20171226212317j:image

夜な夜なLINEで送られてくるハマちゃんのネグロのビンデンの写真を見ると「うらやまし~」となりますが、今シーズンは写真で我慢です。ハマちゃん、また写真お待ちしています!

f:id:abot108:20171226212343j:image

以前に飼育していたアグア・リンダ産と比べると尻鰭の色は似てるが?全体的に白い感じですかね。メガプテラと言っても、ピアロアってのもいますし、尻鰭が赤っぽいのがいたり、謎とバリエーションが多くて面白いですね。

f:id:abot108:20171226212600j:image

背鰭ビヨーンといえばこちらのプトゥマヨのカカトも健在です。なかなか良い感じに育ってきました。

年内はこれでネタ切れですかね~。

 

いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

 

しばらく留守にしても大丈夫でした。エリザベサエ/ヤワウィーラ

クリスマスもすぐそこ、私もですが、サラリーマンの皆さんは今月は忘年会で忙しいですよね。年に一度の大事な行事だと思うので私は連日続いても必ず出席するように心がけています。皆さんも飲み過ぎに注意しましょう。

さて、最近の私の好みは背鰭バッサバッサの背鰭がビヨーンとしてるお魚、アピ友のお芋さんから「好みがブレないところがイイね!」などとお褒めの言葉をいただいたりするのですが、じつはというかやはり常に背鰭がバッサバッサではなくてもエリザベとかネグロのお魚のために水槽を用意して待ってるわけです。今シーズンはコロンビアラッシュでネグロのお魚の入荷が地味な印象でしたが、入荷が地味なだけでお魚は来てはいるわけで、たぶんタイミングが合わず良いお魚と巡り会えていなかったんですね。ネグロのお魚を求めて久しぶりに音羽のお店に行って端から順に水槽を覗いていると、理想に近いエリザベが!

f:id:abot108:20171221183407j:image

少し前に入荷したヤワウィーラの痩せてた個体がやっと見れるようになったので表に出してみたとのこと。少し悩んだフリをしましたが即決。ネットではがエリザベは派手さで価値が決まるというくらい顔赤極上、腹赤極上だったりブルーギラギラ極上だったりの表現が目立ちますが、私はシブいのが好きです。いつだったかケンケンさんが言ってたシブいエリザベはコレ?

f:id:abot108:20171221184309j:image

でも今回は最近買ったお魚自慢ではなくて、稚魚の話です。今月は土日を挟んで二週連続で海外出張という激務(汗)そんな時に限って産むんですよね。ペルソナータが出張の5日前、これは出張が三泊だったので孵化してダメだったのか孵化しなかったのか不明のまま・・・出張から戻ると稚魚も卵もナシ。♂は出張前に抜いたので無事でした。そしてエリザベも最初の出張に出発する前日の日曜日10日に産み、またダメ?と思いましたが木曜日14日の夜に出張から帰ると孵化していました。次の出張が翌週の月曜日から水曜日20日の晩まで、産卵からまるまる10日間留守にすることになります。ギリ大丈夫?でも帰った日に浮上してても一番大事な時期にブラインを与えられないな・・・などと思いながら知恵を絞り、皿式?というやつで3日後のブライン孵化を目指しブラインを仕込んで出張に出発。こちらも♂は抜きました。

f:id:abot108:20171221214920j:image

結果としては帰国の前日か当日に浮上し、帰国直後にちょっぴりだけ孵化したブラインを与えることができました。ペルソナータの時みたいに留守中に消えちゃうかな〜と思っていたのですが、意外にもしばらく留守にしても勝手に孵化して浮上してました。たしか前に産んだ後は人にできることは何もなく見守るだけみたいなことを言われたのを思い出しました。たしかにその通りですね。

f:id:abot108:20171221215108j:image

それにしてもこのお母さん、今までの♀ほど黄色くないんですよね。エリザベの仔取りは初めてなんですが、エリザベの♀はあんまり黄色くならないのかな?♂がいないから?

f:id:abot108:20171221215658j:image

まあ、それほど黄色くなくても初産にしてはワラワラしてるので、良い感じなんだと思います。

そろそろペルソナータの産卵から2週間経つので♂を戻して様子を見たいと思います。

 

いつもポチッと応援ありがとうございます。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村