読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近はとにかくこれ。ミツ?cf. ペルソナータとは?

春はまだですかね〜。ウチは冷暖房完備の水槽部屋ではないので、春が一番飼育しやすいですね。早く来ないかなぁ、春。

さて、昨年からミツだのペルソナータだのと言っていますが、今ではすっかりハマっております。cf. ペルソナータを求めてめずらしくア◯アFさんにお世話になりましたし、安心のアクア◯ノーテさんにもお世話になっております。昨年から数えると5ペアほど連れて来たのですが、飛び出してしまったことがあったり、調子を悪くして救ってあげられなかったり・・・そうなると悔しくてまた入荷を待つという・・・病気です。

昨年からの入荷を見ていると、cf. ペルソナータといってもいろいろとタイプがいるのがわかりました。ハマるのも悪くありません。昨年の暮から変わったお魚がたくさん来ています。やはり一時的かもしれませんが、治安が回復して今までよりも漁が出来る範囲が広くなったからなのでしょう。たぶんそのおかげでペルソナータもいろいろなタイプにお目にかかれるというわけですね。

f:id:abot108:20170311085257j:image

この個体はちょっと前にセノーテさんから連れてきました。チビですが、すでにいろいろな色が出ています。

f:id:abot108:20170311090129j:image

チビだから?かもしれませんが、体形がこれまでに見たペルソナータより細くて長い感じがします。

f:id:abot108:20170311085820j:image

この赤点がもう少し顎の下まで全体的に入るかと期待しているのですが、どうでしょう。各ヒレの色はこれまでのペルソナータの中で一番でしょう。

f:id:abot108:20170311090204j:image

こう見るとやっぱり赤点はどうかな(汗)成長したら広がると良いのですが・・・

f:id:abot108:20170311090530j:image

このタイプは綺麗なので、なんとかしたい!がんばって仔取りを目指します。

f:id:abot108:20170311090339j:image

この個体は同便の別個体です。♂2匹(笑)でも♂だけでも良いくらいのレベルのペルソナータだったと思います。今は単独でペルソナータの幼魚と暮らしています。こいつの方が今後の期待大な感じになってきました。

きっとまだ見ぬタイプのペルソナータがいるにちがいありません。現に先輩方が数年前にブログにアップしているペルソナータは手にすることが出来ていません。これぞミツっていうのも知りたい。これからもどんだけペルソナータ?と言われても突き詰めてみたいなと考えています。

 

皆さんのポチッとが更新の励みになります。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村